地元民同士の交流で生まれる“新たな可能性”
松山 貴文