上田 篤 / 通信教育部 部長

晴れやかに、健やかに

上田 篤 / 通信教育部 部長
春らしく実に華やかな空気に包まれました。
ここにある作品の全てが色とりどりの個性を放ち、我々を魅了します。

社会人ゆえの幾多の苦難を乗り越え、
志を同じくする仲間との切磋琢磨や挑戦を重ねながら、
一人ひとりがしっかりと掴みとり、磨き上げた血と汗の結晶。
そこから発せられる輝きが本当に眩しく、
様々な霧を抜け切ってここに至った皆さんの晴れやかな表情に感動を覚えます。
この成果を心からともに喜び合いたいと思います。

ここで得た芸術的創造の喜びを胸に、
自信を持って次の一歩を踏み出してください。
これからも皆さんに続く「芸術する心」を育む場であり続けるとともに、
新しい夢への出発点として皆さんを見守り続けることを約束します。
皆さんの次の挑戦が楽しみでなりません。
卒業生ひとりひとりの活動が藝術立国そのものなのです。
全国各地でのご活躍の知らせを心待ちにしていますね。

晴れやかに、健やかに、
そして、豊かに、ちょっぴり刺激的に、
これからの皆さんのデザインライフを存分に謳歌されることを祈念しています。

デザイン科WEB卒業制作展をご覧いただく皆さま、
我々の誇る、通信ならではの味わい深き成果を存分に堪能してください!
岸川 謙介 / 通信教育部デザイン科 科長

新しい時代に求められるデザインのちから

岸川 謙介 / 通信教育部デザイン科 科長
令和という新しい時代を迎えて初めての通信教育部卒業制作展は残念ながら延期となりました。しかしながら、ここにデザイン科Web卒業制作展をいつものように開催し、皆さんの学びの成果を社会に向けて発信できることはここへ至るためのたゆまぬ努力、そのプロセスを見守ってきたものの一人として大変嬉しく思います。技術やモノを人に近づける、違和感なく日常生活に溶け込むものにする、そこにデザインが貢献するところは大きい。平成と言う時代に飛躍的に発展した目には見えない情報技術がこれほどまでに私たちの生活に浸透し、私たちの生活スタイルや価値観までも大きく変えてしまったのはデザインのちからに他なりません。個人がダイレクトに世界に繋がることが当たり前となったこれからの時代にデザインが果たすべき役割は、目には見えない人とのつながりや環境とのつながりにかたちを与えることかもしれません。社会人だからこそできる発想と生活のリアリティに溢れるこのデザイン科Web卒業制作展が放つ、これからの時代に求められるデザインの可能性をここを訪れる人々と共有できればと思います。ご卒業おめでとうございます。