やさしい古事記えほんシリーズ『あまのいわと』『いなばのしろうさぎ』
松本 彩花

『古事記』は人間臭い神様たちが繰り広げる、豊かで面白い話が魅力の日本神話である。その中から「天岩戸」「因幡の白兎」を選び、子供たちや読み聞かせる大人が興味をもって楽しめる絵本を制作した。神様たちの心理描写を入れるなど、親しみを感じてもらえるよう工夫。優しいタッチで表現し、怖くない古事記絵本を心がけた。

絵本 / B5 版 32ページ 2点
紙、パステル、パステル色鉛筆、色鉛筆