NEO曾根崎心中
國兼 弓華

この手ぬぐいを広げるとき、物語は再生される。大切な気持ちはいつもそばにある。20XX年、ディストピアを彷徨う2人は何処へー。近松門左衛門の『曾根崎心中』の舞台を近未来に翻案。漫画のコマ割りを使用し3つのシーンを図案化、手彫りで型紙を製作し藍染で表現した。手仕事としての染めを未来につなぐ。染めを愛する全ての人たちへ。

平面表現 / 360×900mm 3点
綿手ぬぐい地、藍