空想のシネマカタログ ―誰もが知る名作映画の、誰も見たことがない小道具たち―
木谷 翔平

我々「贋作技師」は空想の産物を実際に作り上げる能力を持っている。芸術家と間違われることが多いが、一言で説明するのは難しく、技師であることを伏せて活動する同志も多い。そうして我々の存在は幻となり、今では技師の成り手が激減してしまった。組織は常に有望な人材を探している。この作品をきっかけに、新たな技師が増えることを祈る。

オブジェ / 17点 
ミクストメディア