The first love ―ナボコフ『はつ恋』の挿絵本―
三角 徳子

少年時代を追憶する物語と翻訳文が持つ繊細な情景描写を、水彩絵具による挿絵と装丁によってビジュアル化した。翻訳者との交流を重ね、翻訳者が持つイメージを最大限に具現化できるように心がけた。翻訳や挿絵・装丁とともにこの作品を味わうことで、読み手に文学を楽しむきっかけをつかんでもらえればと思う。

本 / A4判 80ページ
水彩絵具、上製本