高梨 武彦 / ランドスケープデザインコース

二十一世紀となって20年のWEB卒業制作展

高梨 武彦 / ランドスケープデザインコース
2019年度卒業制作者は京都10名・東京15名、計25名でした。今回の卒業制作の特徴として、「里と農の風景再生」にかかわるテーマがそれぞれのキャンパスで多く見られたことがあります。このテーマをカリキュラムの柱の一つと位置づけ10年、ようやくその成果が質・量ともに安定してきたとみられるようになってきたこと。さらに、「庭」をテーマとする作品も「都市」の公園などをテーマとする作品も、そして地方都市での計画対照地のテーマであっても、みな周辺住民など身近な利用者へむけた発信とともに、広く観光客誘致をもくろんだ内容となっていたこと、が注目されました。まさに、昨今のわが国の観光のあり様を反映しているといえましょう。美しい風景は人々を心地良くそして心に余裕をもたらしてくれます。つぎは制作・創造を実現に向けたプレゼンとしてゆきましょう。そのためにも、今般の新型コロナウイルス、くれぐれも体調管理につとめましょう。

作品一覧