• 食を通じ生活を豊かにするためにイギリス発祥の伝統工芸であるシュガーアートを用いたケーキを制作
    建築と工芸菓子は芸術的精神で通じている、という19世紀の工芸菓子巨匠のことばに触発され、シュガーアートで建築を表現する菓子づくりを目指しました。
    市販の菓子も使いながら、今までにない親しみと新しさのあるケーキの提案

  • 【21世紀美術館】
    建物はシュガーアートで制作
    象徴的なギャラリーはチョコレートやタブレット菓子も使って表現した
    建物の周辺は砕いたクラッカーと抹茶の粉を混ぜ、バームクーヘンの上に芝生を表現した

  • 【ロンシャンの礼拝堂】
    小高い丘の上に立つ礼拝堂は生クリームのケーキに抹茶の粉で丘の緑を表現
    礼拝堂の特徴的な曲線の屋根や塔はシュガーアートで制作した

  • 【サヴォア邸】
    象徴的な直線の建物はシュガーアートで、柱はポッキーで制作した
    建物の周りを切り取ったかの様に、チョコレートとナッツを混ぜたもの、スポンジ、生クリーム、抹茶で地層の断面を表現

  • 【落水荘】
    建物はウエハースに粉砂糖と卵白を混ぜたクリームでコーティングし、バルコニーはシュガーアートで制作した
    ケーキは岩をイメージしチョコレートケーキで、建物の周辺の岩はアーモンドとクルミなどのナッツ、木々はスポンジ生地に抹茶パウダーを振り、滝の水流は溶かしたグミで表現

  • 【オペラハウス】
    海に建つオペラハウスは生クリームのケーキで表現
    海の波の色は食用の色素で、建物はウエハース、白い屋根はシュガーアートで制作

Architecture cakes
金澤 涼子